かぼす
a0090609_1120369.jpgmahiroちゃんママから、たくさんのかぼすをいただいた。
かぼすがあるとお料理に色々と使えるし、自分で買うとなると意外といい値段がするから、うれしい。
果汁を絞ったものと蜂蜜を合わせて、水や炭酸で割って飲むとおいしいよ〜と教わったので、早速炭酸で割って飲んでみた。レモンよりも後味すっきりでおいしい〜♪寒い時には、お湯割りにするとあったまりそうだな。

かぼすの飲みものを楽しんだ後は、やっぱりポン酢を作らねば。
かぼすを半分に切って、ぎゅっぎゅっと絞っていったら、2カップの果汁になった。かぼすの果汁とみりんと醤油を1:1:2の割合で混ぜて、昆布を入れた保存容器に入れればポン酢の出来上がり。私はこっくりとしたポン酢が好きだから、みりんは少し多めにして作っている(作る方は、みりんは予めレンジでチンして冷ましてくださいね)。
ポン酢を作った後は、手がほんのりとかぼすのいい香り。柚子の場合、残った皮はお風呂に入れて柚子湯にしたり、皮を刻んで蜂蜜と合わせて柚子シロップにしたりするけど、かぼすの場合はどうなんだろう?何かいい活用方法があるのかな?





a0090609_11215633.jpg2カップのかぼすの果汁で、1.6ℓのポン酢ができた。
この冬の間中使えそうなくらいの量。昆布からダシがでた頃、小さなペットボトルに入れ替えて冷凍しておこう。

出来上がったポン酢で湯豆腐にしようとお買い物にいくと、おいしそうな北海道の秋鮭がたくさんでていた。それをかごに入れて、ふとその隣を見ると、立派な大きさの鮭の白子が並んでいた。夫と2人で「おいしそうだね」と言いながら、それもかごの中へ。
家に帰ってきて、鮭の白子のおいしい食べ方を、電話でお義父さんに教えてもらった。幾つか教えてもらった中から、バター醤油焼きと湯豆腐で食べてみることに。バター醤油焼きは濃厚で美味。
でも、それよりおいしかったのは、やっぱり湯豆腐。ポン酢につけて食べると、さっぱりしていくらでも食べれそうだった。まなもパクパク食べていた。
ポン酢にしないで残しておいたかぼすを、こんがり焼いた秋刀魚に絞ると、じゅわ〜と音がした。湯豆腐と秋刀魚と一緒に食べるのは、炊きたての白いご飯。

ああ、日本人でよかった。(ご馳走さま〜)

a0090609_11232431.jpga0090609_11233563.jpg
by ma-n-na | 2006-10-04 19:24 | たべものいろいろ
<< クレヨンと動詞 白いGREEN >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31