モロッコの色 バリの色
a0090609_2111583.jpg週末、家族でwaran wayanさんの個展に行ってきた。
今回の巣巣さん訪問は、tsuchiyaさん一家とお会いする約束をしていたので、楽しみ半分ドキドキ半分。夕方近く、温かな明かりが灯る巣巣さんに着くと、入口で早速ワヤンさんと娘さんにお会いした。一目で親子と分かる、パパそっくりのかわいい娘さんプチ・ワヤンちゃん。初めてお会いしたtsuchiyaさんも、想像通りとても素敵な方だった。

木彫りのうさぎ・アニキがわが家にやって来てから1年、その作り手のtsuchiyaさんとワヤンさんにこうしてお会いできた不思議なご縁を、改めてうれしく感じた。
waran wayanさんのishidaさんにもお会いすることができたものうれしかった。展示されている雑貨は、バリとモロッコ、異なる国から、それぞれ素敵なものを作られているお二人の仕事ぶりが伝わってくるような魅力的なものばかり。
だから、ついついお財布の紐がゆるくなってしまう。夫もラトビアのお天気棒(こういうのが大好きな夫)を見つけてきて、うれしそうにしていた。今度、inacoに持っていって、家の外にかけておくのだと、張り切っていた。
最後にお願いして、みんなで記念撮影をした。waran wayanのtsuchiyaさん・ishidaさん、巣巣のiwasakiさん・kakuhariさん、ワヤンさん、プチ・ワヤンちゃん、そしてmanaと私。manaとうさぎのアニキにまつわる全ての人が1枚に収まった写真を、感慨深く思った。




モロッコからは温かみのあるフェルトのバッグ、クロスのステッチがかわいいバブーシュ、バリからは部屋着、バレエシューズやこども用の椅子など、かわいいものがいっぱい。
もちろん、木彫りのうさぎさんも。フェルトのマフラーをして、あたたかそうな小さなアニキ。manaはまたしても、手にとって遊んでいた。
manaと一緒に遊んでくれたらうれしいなと思っていたプチ・ワヤンちゃん。おねえさんらしく誘ってくれているのに、manaは鏡に夢中・・・。せっかく会えたのに、やれやれな娘です。

a0090609_22105666.jpga0090609_22111092.jpga0090609_22113871.jpg

















1年前に、初めてわが家にやってきた時のアニキとmanaの写真。(なつかしい)

a0090609_14333278.jpga0090609_14334271.jpg

















今回は、ちいさなアニキがわが家にやって来た。マフラーつけたおしゃれさん。
manaも「アニキ、ちっちゃいね〜」と言いながら(最近は「ちっちゃいね〜」と「おっきいね〜」を使い分けるのがうれしいらしい)、相棒のくまちゃんと並べて寝かして、その横に自分もごろんと寝ていた。
大きなアニキとちいさなアニキ、わが家の大切なうさぎさん。

a0090609_22122876.jpga0090609_22125264.jpga0090609_22124057.jpg
















[左]ワヤンさんが作った小さな木のボウルとスプーン。manaのおままごと道具として。早速、くまちゃんに「あ〜ん」してあげていた。でもその前に、スプーンをかじって既にかけている・・・。
[右]水玉のバレエシューズ。薄くて柔らかい羊の皮でできていて、履くとまるで素足で歩いているような軽さとフィット感。これは室内履きとして、これからmanaの幼稚園(保育園)や学校に行く時などに活躍しそう。

a0090609_2213872.jpga0090609_22134589.jpg


by ma-n-na | 2006-12-21 14:11 | すきなところ
<< ほっと一息いれる時 楽しい時はあっという間 >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31