アップルタルト
a0090609_23393622.jpg年末、お友達がアップルパイを作ってもってきてくれた。
私は生の林檎が苦手で、食べる時に鳥肌がたつので食べないのだけど、すりおろした林檎や焼いた林檎は好きで、アップルパイならば食べれるのだ。オーソドックスなアップルパイを想像して食べてみたら、濃厚な味。聞けば、栗原はるみさんのレシピで、アーモンドクリームが入っているそう。そのアップルパイが本当に美味しかった。

年末雑誌を見ていたら、アーモンドクリームを使ったアップルタルトのレシピが載っていた。うれしくなって、お義母さんからいただいた秋田の林檎で、作ってみた(去年のことで写真も去年のもの)。
使っていない小さなタルト型も、やっと出番。型に生地を敷いて、アーモンドクリームとざく切りにした林檎を乗せて、オーブンへ。アーモンドクリームの甘い香りと、林檎の甘酸っぱい匂いがして、わくわくしながら何度もオーブンを覗き込んだ。

出来上がったアップルタルトを、あたたかいうちにパクリ。お友達からいただいたアップルパイが軽やかな美味しさだとしたら、これはずっしりとボリュームある美味しさ。簡単だし、好み味なので、また作ろうっと。
余談だけど、manaは生の林檎をしゃりしゃり音を出して食べるのが好きなよう。その様子を、前に座って鳥肌をたてながら、じっと耐えているのがつらい・・・。





a0090609_021942.jpga0090609_024136.jpg

私がしていることを何でもしたがるようになったmana。
年末に、キッチンでパンを捏ねていたら、足下にやってきて「こねこね!こねこね!」と言いながら、自分もしてみたいことをアピールするので、試しにmanaの好きなようにさせてみた。
生地を持ち上げては叩きつけるという動作を繰り返しているだけで、捏ねるのは難しそう。
それもそのはず、manaが捏ねているパンの生地は、粉の量が540gなのだ。パンを焼く時は2斤分作るので、いつもこの量。しかも手捏ね。ABCのパンの師範を持っているmahiroちゃんママからはびっくりされた量なのだ。
だから、manaも捏ねるのは諦めて、抱き抱えて遊んでいた。しまいには、生地にのっかったりして、それ食べるものなのに・・・・。最近のお気に入りは、青けしの実を生地に練り込んだもの。ぷつぷつの食感もよく、けしの実好きにはたまらない。

a0090609_031855.jpga0090609_034135.jpga0090609_04877.jpg















美味しいアップルパイを作ってくれたtaigaくんママが、先日美味しいシュークリームを作って、遊びに来てくれた。
manaより3か月お兄さんのtaigaくん。「まなちゃ〜ん♡まなちゃ〜ん♡」と甘い声で呼び掛けて、チューしてくれようとするのだけど、manaは「やめて!やめて!」とつれない素振り。(こんなハンサムボーイにつれないなんて、後悔しても知りませんよ)
最近、manaは「やめて!」がブームで、何もしないのに夫が近寄ったりすると、「やめて!いたい!」と大人顔負けに怒るのだ。言葉だけ、イッチョマエな娘にやれやれ。
by ma-n-na | 2007-01-12 20:48 | たべものいろいろ
<< お人形遊び進化中 ご飯のおとも >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31