桃の節句の一日
a0090609_2213651.jpg家の近くの桃の木が見頃を迎えている。この辺りは、住宅が建つまでは桃の林だったところが多いという。今でも残された桃の木は、この時期になると、枝を切り束ねて出荷されていくのを、散歩の時に時々見かける。
その桃の艶やかな花を見ながらお散歩するのが、最近の楽しみ。近くを通ると、ぷ〜んと甘い匂いが漂ってきて、桃の花の香り豊かなことに驚く。

桃の節句の日は、朝からおでかけ(といっても、スロースタートなわが家の朝は遅いのだけど)。
まずは、夫の実家へ。おじいちゃん、おばあちゃんにたくさんかわいがってもらえるものだから、manaは大はしゃぎで遊び回っていた。お昼には、見た目も美しい海鮮ちらしや丁寧な細工の海老のお椀など、美味しいものをたくさんいただいて、満足気にしばしのお昼寝。お昼寝から起きた後も、帰る時間までめいっぱい遊んでもらった。
夕方、帰りの車に乗り込むと、「あ・・・おばあちゃん、ばいばい・・・」と寂しそうなmana。この頃は、別れ際が寂しいということが分かってきたらしい。
車は家路には着かずに、そのままお友達のお家へ向かう。でも、幹線道路は工事渋滞。この時期にうってつけたような道路工事、どうにかならないのかな・・・。




a0090609_2145972.jpga0090609_21452659.jpg

着いた先は、引っ越し間もないhananoちゃんのお家。お引っ越しのお手伝いのために、夜を承知で伺わせてもらった。
お手伝いの間、夫が電車セットでこども達のお相手。ブロックや絵本でトンネルを作っていく様を見ながら、ちょっと面白いなと思う。夫は夫で、bambiくんが電車でじっくり遊ぶ様子が面白かったらしい。manaはひとつの物でじっくりと言うより、ちょっとづつ色々な遊びをするのが好きだから、じっくり腰を据えて遊ぶのが新鮮だったとか。こういのも、男の子と女の子の違いなのかな?

無事にお手伝いが済んだ後は、みんなで食事へ。しゃぶしゃぶをご馳走になった。
ゆっくりと美味しいお肉を堪能したかったのだけど、manaの食事の制限時間は10分。テーブルに未練を感じながら、ちょこまかちょこまか動き回るmanaを追うのが大半(とほほ)。早く落ち着いて外食ができるようにならないかなあ、としみじみと願う。
今度はわが家への約束をしてお別れ。車の中でmanaは「bambi(名前を呼び捨て)・・・また、いっしょ、あしょぼ・・・」と呟いていた。


帰りにお土産をたくさんいただいた。
アアルトが好きなことを知って、アアルトベースがモチーフのナプキンホルダーと、Origoの ペーパーナプキン。そして、一番うれしかったのがお手製のスイートポテト。温もりを感じさせる、やさしいお味。美味しくいただきました。ありがとう(気を遣わなくてもいいからね)。

a0090609_2146896.jpga0090609_21462477.jpga0090609_21464187.jpg


by ma-n-na | 2007-03-06 22:43 | ひびのくらし
<< 春探し 夏みかんジャム >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30