包まれるもの
a0090609_2123361.jpgある晩、小包みが届いた。
箱を開けてみると、中にはたくさんの贈り物がつまっていた。贈り主は、okarikoさん。ちょっとした頼まれ事をしたお礼にと、お気に入りのものを選りすぐって送ってくれたのだ。
何だかかえって気を遣わせてしまい悪いことをしたなと思いながら、ひとつひとつ丁寧に包まれた包みを手に取った。
そして、唸った。なんと丁寧に、そして美しくラッピングしてあることか!ひとつひとつの包みに添えられたメッセージとともに、贈り主の想いがひしひしと感じられて、心があたたくなった。美しい包みに包まれているのは“もの”であっても、中身は紛れもなく贈り主の“想い”なのだ、そう思った。

丁寧に包まれた包みをほどいていくと、中からは・・・・神戸のフロインドリーブのパイ、菓子&パトリーのミルキッシュジャム、京都の伊藤軒の野菜チップス、TE HANDELの紅茶の美味しいものの数々。
manaへの贈り物として、Westfalestaffeのミニハンカチと、小さな絵本とシャボン玉が入っていた。



a0090609_2145289.jpga0090609_2154469.jpg

manaへの贈り物は、エリック・カールのはらぺこあおむしのカードが添えられて、包まれていた。manaは包みを手にとって、「あっぴ!あっぴ!(あおむしの愛称)」とうれしそうにしていた。
小さな絵本は、細かい人物描写をひとつひとつ追って眺めるのが楽しい絵本。manaはしばらく無言で絵本を見つめていた。
私も小さい頃、安野光雅さんの絵本の細かい描写を事細かに追って眺めるのが好きだったなと思いながら、manaと一緒になって小さな絵本を眺めた。これは、外出先に持っていくのにもよさそう。
かわいいくまの絵が描かれたシャボン玉の容器は、一見するとシャボン玉液だとは分からないようなデザインなのだけど、「くましゃんのしゃぼん、ちょうだい!」と、manaは目ざとく気付いたらしい。

a0090609_2151497.jpg

小包みを開けた時に、まっ先に目に飛び込んできたフロインドリーブの箱!
通っていた大学の近くに東京フロインドリーブがあって、お昼に美味しいデニッシュを買いにいくのが楽しみだったので、その箱を見て心踊った。パンばかり食べていたので、リーフパイは初めて。バターの風味が豊かで、チョコ味のパイとのバランスもよくて、好みの味。気付いたら、チョコ味が一気になくなっていた(だから写真はプレーン)。

野菜チップスは、manaとおやつにいただいた。家の近くの和菓子屋さんの野菜チップスを時々買って、おやつに出すものの、manaの反応はいまひとつだったのに、いただいた野菜チップスはぽりぽり食べていた。こどもだって、美味しいものを敏感に察知するのだなと思った。
紅茶とジャムは、ゆっくりいただこうと思う。

okarikoさん、たくさんたくさん、ありがとう。
by ma-n-na | 2007-03-27 22:23 | たいせつなひと・たいせつなもの
<< ホットケーキ 手にした鍵 >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31