長くて短い1週間
a0090609_2123512.jpg日曜日に、夫がインドネシアに出張へでかけた。
夫の海外出張先は主にアジア地域なので、大抵3〜4日、長くても5日間ほどで帰ってくる。ところが今回の出張は、土日を入れて8日間。平日はよいとして、休日は夫がmanaと遊んでくれている間、ちょっとでも息がつけるので、休日夫がいないとなると、これはたいへん。がんばって1週間を乗り越えねば、と覚悟した先週の日曜日。

まずは、manaに「パパはね、これから1週間、インドネシアに出張に行っていないの。さびしいけれど、ママと一緒にがんばろうね」と言っておいた。すると、manaは「ぱっぱねえ、いまね、いのねしあ、いってるの」と。意味が分かって言っているのか、いないのか?
さて、1週間が始まってみると・・・・大好きなIKEAに行ったり(manaは永遠と階段を上ったり降りたりしていた)、曾おじいちゃんのお家にお泊まりにいって、家族みんなでお墓参りにでかけたり、バス1日乗車券を買って、乗り物好きなお友達とバスを楽しんだり、いとこのさくらちゃんが遊びにきてくれたり、おばあちゃんが遊びに来てくれたり・・・・普段に増して楽しい予定がびっちりで、寂しい想いをするどころではなかった。
長いようで、あっという間に1週間が過ぎた。明日は、ようやっと夫が帰ってくる。お待ちどうさま、manaちゃん、そして(というか、むしろ)私。




バスを降りると、住宅地の一角に、こんもりと樹が茂っているところが目についた。そこを目指して、みんなで歩く。といっても、manaはすぐに「だっこ!だっこ!」で歩こうとしない。困ったもの。これでは、この先保育園のお散歩は大丈夫か心配になる。
ほどなく着いた公園は、公園というより手付かずの森といった感じ。ただただ樹が茂っているという感じなので、後から聞いた話では、こどもには人気がないらしい。
でも、普段から公園の遊具で遊ぶよりも、周囲の自然と戯れているのが好きなmanaにとっては楽しい様子。どんぐりがたくさん落ちているのを、ひとつひとつ拾っては小さな鞄の中に入れて、大事そうにしていた。
家に帰ってからも夜寝るまで、「こうえん、どんぐり、おちてた〜」とうれしそうに話していた。そんなに気に行ったのなら、また連れていってあげなくてはね。

a0090609_21294534.jpga0090609_213036.jpga0090609_21302938.jpg


by ma-n-na | 2007-03-24 22:02 | ひびのくらし
<< 手にした鍵 歯磨き大作戦 >>



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30