2006年 12月 02日 ( 1 )
UBUDへ
a0090609_20351041.jpgグアムから5時間半、バリ島のデンパサールに着いた。
夜の眠りについていたmanaは、出国を済ませる頃にはすっかり目が覚めてしまっていた。出国ロビーの自動ドアが開くと、生温かく、香辛料のような甘い空気がむわっと押し寄せてきて、体全体を覆いつくす。「ああ、バリにきた」と思う瞬間。
出迎えの車に乗り込み、ウブドを目指す。バイパスをオートバイと車の間をぬうように走りながら、流れていくデンパサールの風景を眺めていると、グアムでは感じることのなかった安堵感を、私も夫も感じた。manaは車窓越しに、暗闇とネオンが交互に過ぎ去っていく風景を黙って眺めている。やがて、外は真っ暗闇になり、車のライトが真っすぐに伸びる道を照らしていた。

今回のバリでの滞在先は、ウブドのUMA UBUD。
私達家族がバリに行くことを知って、ma:anのtsuchiyaさんがホテル探しのお手伝いを申し出てくれた。tsuchiyaさんのご好意に甘えて、色々と相談して最終的に選んだのがUMA UBUD。
快適であること。小さなこどもが楽しめること。食事がおいしいこと。(私的に)インテリアにこだわりがあることetc・・・・望んだ条件と提示した予算にぴったりと叶うホテルだった。行く前から、tsuchiyaさんからUMA UBUDの定評のある施設やサービスを聞いていたので、期待は膨らんでいた。

暗闇にぽっかりと浮かび上がる[Uma]の文字。

UMA UBUDに到着・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-02 23:41 | たび



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31