カテゴリ:たび( 7 )
楽しい時はあっという間
a0090609_21481220.jpgUMA UBUDに滞在してやってみたかったことが3つある。
1つ目は、ホテル内のスパ・Como Shambhalaでのマッサージ。2つ目はUMA UBUDの目玉(?)とも言えるヨガ。3つ目は、朝のウォーキングプラグラムに参加すること。
結果から言うと、1つ目を除いては実現ならず。何しろ、manaの人見知り・場所見知りがひどかったので、私が少しでも離れようものなら、それはそれは大泣きなのだから仕方がない。泣く泣く諦めざるを得なかった。
プールサイドの建物の2階にあるヨガスタジオで行われているヨガを、manaとプールに入りながらうらやましく眺めていていた。

そんな中で、1つ目のComo Shambhalaでのマッサージは、今回のホテルのパッケージについていたのもあり、どうしても受けたかった。UMA UBUDはComo Shambhala Retreatの経営のホテルなので、スパ(もともとロンドンのものなのかな?)に力を入れている。
2日目、manaがプールサイドでお昼寝したのを確認すると、すぐさま30分後のスパの予約して、manaを夫に託してComo Shambhalaへ。マッサージは、バリニーズと“Como Shambhala”のいずれかを選べる。もちろん、“Como Shambhala”を選択。

極楽のひととき・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-15 23:33 | たび
食事
a0090609_22162837.jpg私も夫も朝ごはんはしっかりと食べる。一日の始まりの朝ごはんが美味しいと、元気がでてくる。
旅先での朝ごはんは、旅行での楽しみのひとつ。UMA UBUDの朝ごはんは、そんな期待を裏切らないものだった。
旅先では、“何かをする”ということから解放されて自然と早く寝る。たっぷり眠って翌朝目覚めると、気持ちいいくらいにお腹が空く。ねぼすけの夫をmanaと二人で起こして、今日は何を食べよう?と思いながら、ホテルのレストラン・kemiriへ行くのが楽しみだった。

まずは、フルーツミックスジュースを一杯。ここのジュースは、フルーツの組み合わせとバランスがよく、本当に美味しかった。写真のジュースは、スイカ・ライム・シンジャー・ミントのミックスジュース。スイカとライムがあっさりとしていて、ほのかジンジャーのぴりりとした感じ、そして後味はさわやかミント。少し重めの料理を頼んだので、このジュースの選択は食事とのバランスもぴったりだった。
他にも、ヤングココナッツ・パイナップル・レモングラス、キャロット・パッションフルーツなど。メニューを見て味を想像しながら、実際の味わいの意外性もあり、朝のこの一杯がまずは楽しかった。

ジュースを飲み終わる頃、料理が運ばれてくる。セットメニューは3つ。UMAセット(アメリカンブレックファースト)と、コンチネンタルブレックファーストとヘルシーセット。その他にも、単品でのメニューも選べる。ホテルの料金の中には、朝食が含まれていて、どれを頼んでもOKだった。

私の一番のお気に入りは、ヘルシーセット・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-14 22:20 | たび
[ma:an]
a0090609_123050100.jpg今回のウブドでの楽しみのひとつが、tsuchiyaさんのお店[ma:an]へ行くことだった。
manaが気に入っている木彫りのうさぎさんを始めとして、tsuchiyaさんの手掛ける雑貨はかわいらしくて、魅力的なものばかり。私はかわいいものより、かっこいいものの方が好きなところがあるのだけど、tsuchiyaさんの雑貨にはぐぐっとくるのだ。単にかわいいのではなく、色使いやディティールが凝っていてちょっと大人っぽい。

ウブドのハノマン通りにある[ma:an]。行く前日に、ワヤンさんに「ボディーワークセンターの近くだよ」と教えてもらって、manaと夫と3人でうきうきしながら伺った。
お店に着くなり、manaも夫もそっちのけで、飾ってある雑貨や洋服を夢中になって見ていると、ふと気付くとmanaが足下で木彫りのウサギさんを抱えて遊んでいた。
manaはお店に入ってすぐのテーブルに飾ってあったウサギさんに、真っすぐに手が伸びたらしい。「あーー!!」と言う声が聞こえたから、家にある自分のウサギさんと同じだと分かったようだ。1個では満足できずに、2個目に手を伸ばそうとして、夫に注意されていた。
そして、あれもこれもと買おうとする私にも、「どれくらいかうつもり?」とさりげない夫の注意が入った。

だって、魅力的なものばかりなんだもの・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-08 23:00 | たび
UMA UBUD
a0090609_13422073.jpgバリにはスタイルの異なるたくさんのホテルがあるので、予算や目的に応じて選ぶ楽しみがある。
これまでのバリの滞在では、フォーシーズンでは贅を尽くしたヴィラを、トゥグ・バリではバリのアンティークを、ジ・アヒムサではスタイリッシュでモダンなプール付きのヴィラなどを楽しんだ。その他にも、クタのポピーズやウブドの小さなホテルなどの手頃な価格の宿も、それぞれによかった。(夫は、クロボガンのヴィラ・ルンブンが気に入っていた)

さて今回は?というと、ホテル選びにはだいぶ迷った。
大人びた雰囲気のホテルでmanaに窮屈な想いをさせてはかわいそうだし、かといって機能重視の大箱ホテルには収まりたくない。部屋数の少くない雰囲気のいいホテルがいいと思っていた。
幾つかの候補から、悩みに悩んで選んだのがUMA UBUD。この選択は大成功だった。UMA UBUDは建物も人も雰囲気がとてもよく、サービスの加減も本当に心地よい。そして、ここのインテリアも心地よい。
UMA UBUDのインテリアは、白を基調としたシンプルでモダンなもの。天然素材を多用しているから、全体的に柔らかくリラックスした感じが漂っている。
その中で、ガーデンルームのバスルームだけは趣きが異なる。黒い床と壁に覆われたバスルームには重厚感が漂い、その中央に置かれた大きなバスタブには天井から真白い天蓋が下がり、その優美なドレープの様子がひと際目を引く。このバスルーム見たさに、ガーデンルームを予約した。

ではでは、UMA UBUDをご案内・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-06 20:25 | たび
UBUDへ
a0090609_20351041.jpgグアムから5時間半、バリ島のデンパサールに着いた。
夜の眠りについていたmanaは、出国を済ませる頃にはすっかり目が覚めてしまっていた。出国ロビーの自動ドアが開くと、生温かく、香辛料のような甘い空気がむわっと押し寄せてきて、体全体を覆いつくす。「ああ、バリにきた」と思う瞬間。
出迎えの車に乗り込み、ウブドを目指す。バイパスをオートバイと車の間をぬうように走りながら、流れていくデンパサールの風景を眺めていると、グアムでは感じることのなかった安堵感を、私も夫も感じた。manaは車窓越しに、暗闇とネオンが交互に過ぎ去っていく風景を黙って眺めている。やがて、外は真っ暗闇になり、車のライトが真っすぐに伸びる道を照らしていた。

今回のバリでの滞在先は、ウブドのUMA UBUD。
私達家族がバリに行くことを知って、ma:anのtsuchiyaさんがホテル探しのお手伝いを申し出てくれた。tsuchiyaさんのご好意に甘えて、色々と相談して最終的に選んだのがUMA UBUD。
快適であること。小さなこどもが楽しめること。食事がおいしいこと。(私的に)インテリアにこだわりがあることetc・・・・望んだ条件と提示した予算にぴったりと叶うホテルだった。行く前から、tsuchiyaさんからUMA UBUDの定評のある施設やサービスを聞いていたので、期待は膨らんでいた。

暗闇にぽっかりと浮かび上がる[Uma]の文字。

UMA UBUDに到着・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-02 23:41 | たび
寄り道
a0090609_22152717.jpgバリに行く前に、グアムに寄り道した。
寄り道と言っても予定していたものではなく、単にグアムを経由していくバリへのフライトの、成田ーグアムの当日乗り換え便がとれなかっただけの話。バリ便の前日の夜にグアムに着くフライトなので、次の日の夕方までグアムで過ごすことになった。
乗り換えでは何度か利用したことがあるグアムだけど、降り立つのは今回が初めて。私と夫は、アメリカ嫌いなところがあるので、こういう機会がないときっと訪れることがなかったかもしれない。

さて、グアムで何しよう?
もともと目的がないので、何もしないことにして、海でのんびり過ごすことにした。バリでの滞在先は海から離れたウブドなので、丁度いい。
manaは石垣島以来の海。石垣島の海では、まだ歩くことができなかったので、波打ち際で、寄せては返す波を不思議そうに見ていたけど、自由に動き回れる今は、きっと楽しみ方も違うはず。
砂浜をmanaの手をひいて波打ち際に来ると、最初こそ私の足にしがみついていたけれど、しばらくすると海にちゃぷちゃぷ入っていった。太陽が水に反射して、きらきらと光る海。「おみじゅ、きらきら」と言いながら、ざぶざぶ海に入っていくから、着ていた洋服はすぐにびちょびちょになってしまった。

グアムの海は、思っていたよりずっと綺麗だった・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-11-29 23:15 | たび
ただいま
a0090609_22252368.jpg昨日、バリから帰ってきた。
熱帯のバリから小雨が降る成田に降り立つと、つい何時間前までの眩しいばかりの太陽や肌にまとわりつくような暑さが、遠い記憶の中のことように感じられた。楽しかった時間は、本当にあっという間。入国を済ませ、車に乗り込むと、急に忙しい現実へ戻ってしまった。夫は仕事へ、私とmanaは家へ、そして所用へ。時間の刻み方が、早回しになって、旅に出る前と同様テンテコマイ。

バリでのぼーっと何もしない時間。贅沢な時間の過ごし方。素敵なヴィラ。素敵な出会い。欲しかったもの。美味しかったもの。旅先でのmanaの様子・・・・etc。
時間を見つけながら、綴っていきたい。
by ma-n-na | 2006-11-28 22:26 | たび



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30