カテゴリ:inaco( 6 )
ゴールデンウィークとmanaのお誕生会
a0090609_14592579.jpg卒乳をすると体調を崩しやすい、というのは本当だった。
卒乳2日目から、どうにも体が冷えて、風邪を引いてしまった。私とmana、そして夫まで。軽いつわりもおさまってきて、卒乳したら元気いっぱいと思っていたのが、風邪で苦しむことになるとは・・・。おっぱいはmanaの体だけでなく、私の体も丈夫にしていたのだなと、改めて実感した。

ゴールデンウィークの後半は、inacoでのんびりと体を休めるために、連休初日朝6時すぎに家を出発。早く出たから渋滞は大丈夫かなと思ったら、なんと高速の入口から渋滞していてびっくり!みんな、動く日は一緒なのね・・・。
渋滞を何とか切り抜け、manaのお誕生日プレゼントを買うために、ちょっと寄り道して沼津へ。お目当てのお店の開店まで時間があるので、沼津の街をぶらぶら。
沼津に降り立つのは、今回で2回目。1回目は、父から結婚の承諾を得るためにinacoへ行った帰り、電車の待ち合い時間に途中下車したのが7年前のこと。夫と2人、街をぶらぶらしながら、鰻を焼く香ばしい匂いにつられて、1軒の鰻屋さんに入り、ビールとうな重を食べた。隣の席で、鰻をつまみに日本酒を飲んでいたおじいさんが、「沼津の方?」と声をかけてきた。沼津に立ち寄った経偉を説明すると、「おめでとう」と言って、盃を傾けてくれたのを今でも鮮明に覚えている。温かい人と街だなとその時思った。

沼津といえば、漁港がある街。沼津港へ行ってみることにした・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2007-05-08 23:58 | inaco
ごめんね お雛様
a0090609_12273593.jpgお雛様を飾らなくては・・・・と思いながら、雛祭りまでもうすぐになってしまった。
manaは、まだ自分のお雛様を持っていない。去年は、inacoに仕舞ってあった姉と私のお雛様を飾って、みんなでお祝いした。家はお雛様を飾る程広くはないし、姉と私の立派なお雛様を飾らなくてはもったいない。だから今のところ、お雛様を飾るのはinacoだけで十分。今年も、そろそろ飾りに行かなくてはと思いつつ、夫の仕事や所用などで、inacoに行く機会が先延ばしになり、この週末やっと行くことができた。

引っ越しを控えて、inacoに行く時には家の中を整理して、当面使わないものを持っていくようにしている(夫の本が大半)。お昼近くまで荷物を整理して出発したから、inacoに到着したのは午後遅く。その日は、お雛様を飾ることなく終わった。
次の日、帰る時間を気にしながら、いざお雛様を飾ろうと思い、ふと考えた。この先の週末は4月まで、予定や夫の海外出張などでふさがっている。飾るのはいいものの、仕舞うことができそうにない。4月になれば、いよいよリフォームも始まり、ますます時間をとるのが難しくなりそう・・・・。しばらく考えた後、お雛様を飾るのを諦めた。

年に一度の女の子の行事だから飾りたかったのだけど・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2007-02-27 21:30 | inaco
味噌作り
a0090609_20572423.jpg週末は、味噌作りにinacoへ行ってきた。
イノシシの被害で全滅してしまった材料となる大豆。どうするのかと心配していたら、長野に住む父の友人が、味噌作りにと大豆35㎏を提供してくれたとのこと。なんでも、北海道産の大豆で、味噌作り専用のものだとか。

直径1mはある大釜2つの中に、ふっくらと煮えた大豆。これを臼の中で潰すのだけど、味噌作り専用というだけあって、簡単にねっとりとしたペースト状になった。潰す前の大豆をひとつ摘んで食べてみたら、甘くて美味しい。
米麹の量は今年は多め。美味しい大豆に、旨味の麹がたっぷり。2年後、美味しいお味噌ができること間違いなし。

今年の味噌作りの参加者は10名ほど。いつものメンバーに、石川県から駆けつけてくれた若い植木職人のおにいさんが参加。それぞれが自然と役割分担するので、作業はスムーズ。
全部で12甕作るのだけど、1時間もしないうちに空いた甕も残すところわずか。

これはいい調子・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2007-01-16 23:57 | inaco
冬の過ごし方
a0090609_0113749.jpg3連休は、inacoへ行ってきた。
incoでは、毎年1月の第2週に味噌作りをする。たくさんの人が集まって味噌作りをするから、この時のinacoはとても賑やか。大勢の人が集まって、お祭りのように過ごすのは楽しい。
でも、それとは反対に、誰もいない静かなinacoが実は一番好きだたりする。自分達のペースで、ゆったりのんびり過ごせるのが気が楽でいい。また、こういう時が一番自然の楽しさを感じられる時でもある。

今回のinacoは、そんな誰もいない時。
農閑期の冬だから、畑仕事も慌てることがないから、さらに気分にもゆったり。さあて、何して過ごそうか?manaと2人、あてもなくふらりとお散歩に出かけた。
山のお散歩には季節ごとの楽しみがある。春はよもぎや野いちごを、夏は三ツ葉を詰んだり、秋には色とりどりの紅葉を楽しんだり・・・。
山が枯れてしまう冬は楽しみがないように思うけれど、冬は冬でまた楽しいのだ。樹木は落ち着いた色調で、葉が落ちた枝からは、太陽がこぼれ落ちて、冷たい地面を温かく照らす。寒いけれど、太陽の光りが目にもあったかい。
そんな樹木に目を凝らしながら、てくてく。

冬のお散歩のお目当て・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2007-01-09 22:54 | inaco
sakuraちゃんのお誕生会
a0090609_23215791.jpg11月2日は、いとこのsakuraちゃんのお誕生日。
5月5日のmanaのお誕生日の時は、ゴールデンウォークの休みを利用して、inacoでみんなにお誕生会をしてもらった。今度は11月の3連休を利用して、sakuraちゃんのお誕生会をinacoでしようという計画を1か月前から立てていた。

1か月前、inacoの常連さんmurashimaさんとキッチンに立ちながら、「こども達に声をかけて楽しくしましょうよ!」「こども達が楽しめる食事は何がいいかな?」「じゃあ、みんなで手作りピザを作りましょう!」「ケーキもこども達でデコレーションしたら喜ぶね」「じゃあ、私がスポンジ焼いてきます」「ピザソースは作ってくるわね」「ピザと一緒に生パスタも作りましょうか?」などと話をしていた。
イベントや祭ごとを計画するのは、楽しい。

3日は主役のsakuraちゃんと一緒に、inacoに出発した。誕生日ケーキのスポンジは姉が焼いてくれた。パスタマシーンも買った。さあさあ、計画通り・・・と行きたいところなのだけど、私が風邪でダウンした。
パスタマシーンは活躍することなく、家で待機。inacoにさえ着けば、sakuraちゃんを始めてとしてたくさんのこども達がmanaと遊んでくれるだろうし、ごはんも誰かが作ってくれる・・・・inacoに安息の地を求めての出発だった。
inacoに着くと、予想通りmanaは母親の存在を忘れるくらい楽しい様子。まずは、姉とシャボン玉遊びを始めた。

シャボン玉ふわふわ・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-11-08 01:15 | inaco
inacoの秋
a0090609_11171958.jpg秋は短い(と思う)。
残暑で蒸し暑かったり、台風が来たり、そして気が付けば北風が冷たくなって、いつの間にかコートを着ていたりする。秋は、空が青く空気が乾いていて、シャツ1枚で過ごすのがすがすがしいくらいが理想。

連休は、大雨が嘘のように去り、素晴らしい秋晴れだった。まさに理想の秋。そんな秋を満喫すべく向かった先は、inaco。途中、富士山の麓を通ると、青空を背景に白く穂が開き始めたススキが風に揺れていた。真近に見る富士山の山裾は、赤や黄色に紅葉し、山の頂には早くも雪が冠っていた。

inacoは秋が一番いい。稲を収穫し、干している光景を目にするとほっとする。農繁期を終え、収穫した食物を感謝して味わい、冬支度をするまでの束の間の時間。安堵と至福のとき。
20年以上前、小学生だった私が初めてinacoに来た時には、そんな風には感じなかった。山奥の何もない農村。こんなところに来るくらいなら、遊園地で遊んでいた方が何100倍も楽しいだろうに、と思っていた。
週末ごとに、荒れた土地を両親が耕し始めて、少しつづ少しづつ様々なものが実を結んできたinaco。長い年月を経て、夫と2人で訪れるようになったinacoは、仕事の疲れを癒すやすらぎの場となり、小さなわが子と訪れるinacoは、娘の目線を通してまた新しい発見の場となった。

manaにとってinacoは、常に発見の連続・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-10-10 22:58 | inaco



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30