<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イヤイヤ
a0090609_1382085.jpg最近、manaは色々な状況で“イヤ”と主張するようになってきた。
「靴下、履こうか?」と聞くと、首を横にふるmana。(「靴下、履こうか?」と聞かずに靴下を履かせようものなら、それはそれは憤慨して抗議するので、ここは丁寧に聞かなくてはならない。)
出かけなければならないので、靴下を強引に履かせようとすると、「あ!あ!あ!あ!あー!」とイヤがる。何とか靴下を履く方向に持っていき、「じゃあ、manaが自分で履いてみて」と言うと、やっと靴下を履く気になり、ぎこちない手で靴下を履こうとする。でも自分で履くことができないから、最後は「ままー」と言って、ようやっと私の出番になり、靴下を履かせることができるのだ。

他にも、靴を履かせる、オムツを取り替える、洋服を着替える、お風呂に入る、ベビーカーに乗る、などの色々な動作を、時と状況によってイヤがる。
自分でやってみたいという気持ちの現れなのだと思い、極力それに付き合ってはいるものの、時間のない時は強行突破。「ぎゃああーーー!!」と泣叫びエビ反って抗議する、なかなか手強わい娘に手を焼くこの頃。

昨日は、オムツを替えてズボンを履かせようとしたら、イヤがって脱走。

太い足丸出しで、お人形遊びを始めるmana・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-28 22:01 | mana
パスタな日々
a0090609_12495935.jpg12月に入ってから、パスタな日々のわが家。
来客に合わせてパスタを作ること3回、コトコトパスタさんで1回、クリスマスに1回、計5回生パスタを作った。
2か月前に買ったパスタマシーンが大活躍の日々。これさえあれば、鬼に金棒。生地を捏ねて、パスタマシーンに通すのが何度やっても楽しい。

これまでは、いまいちパスタ料理が苦手だったのだけど、コトコトパスタさんで生パスタを習ってから、パスタ料理が楽しくなった。手をかけて作ったパスタだから、美味しく食べられるように、自然とソースにも塩加減にも気を遣うようになったからかもしれない。
12月のコトコトパスタさんのレッスンは、ラザニアだった。このラザニアは、マンマロッサーナさんご自慢のレシピ。それは、ちょっとした工夫や秘密のあるおいしさ。
お皿の周りのラザニアの生地がかりっと焼けて、中からはあつあつのラグーとベシャメルソースが4層。感動の美味しさだった。
ラザニアは、マンマの味。クリスマスにラザニアを食べる家庭も多いのだそう。チキンもいいけど、ラザニアでクリスマス。私はこっちの方がうれしいかも!

ということで、今年のわが家のクリスマスはラザニアに決定・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-26 23:54 | たべものいろいろ
クリスマスプレゼント
a0090609_0422358.jpgクリスマスプレゼントには、manaの大好きなものをあげようと、ずっと前から決めていた。
manaの室内での好きな遊びは3つ。お絵描き、おままごと遊び、絵本を読む(眺める)こと。その中のから、キッチン好きなmanaのために、おままごと用のキッチンをプレゼントすることにした。

さて、どんなキッチンにしよう?
デザイン、価格、色など、色々と考えると、希望に叶うものがない。ならば、自分で作ろうと思い立った。簡単な設計図を書いて、材料探しにホームセンターとIKEAを往復すること3回。
材料が揃ったら、電気ドリルで組み立て。電気音の嫌いなmanaは、大泣きしていた。その後、糸のこで穴を開けたり、地道な作業はつづく・・・。「あ〜、ずれた〜」などと言いながら、悪戦苦闘している私の様子を、遠くから眺める夫。「買った方がいいんじゃない?」
いやいや、そういう問題じゃないのよ。作ることに意義があるのよ!と、内心作り始めたことに後悔していた私の心に、夫の言葉でやる気復活!!
かわいい娘のため、ママはがんばりましたよ。

manaのキッチン、完成!・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-26 00:52 | こどものもの
ほっと一息いれる時
a0090609_15421438.jpgアネモネの花が咲いた。
お友達が家に遊びに来る日は(初めて来てくれるお友達は特に)、なるべく花を飾るようにしている。心ばかりのおもてなしの気持ち。
先週、遠くから来てくれるお友達に合わせて買ったアネモネの花。前日にお花屋さんに買いにいったから、当日はまだ蕾のままだった。3日後、ようやっと花が咲いた。遅れながら咲いた花は、このところの慌ただしい毎日の中、ふっと心を和ませてくれた。

12月に入ってからというもの、何だか忙しい。
日中はmana中心の生活だから、manaと遊ぶことがメイン(これが結構体力勝負)。12月だから、クリスマスを絡めた催し事があったりと、お友達との約束が多いところに、保育園見学やリフォーム会社との打ち合わせや見学など、振り返ってみれば、この3週間びっちりと予定が入っていた。
毎日予定があるのはいいこと、楽しいこと。その甲斐あってか、manaもおしゃべりがぐっと増えて、夜寝る前にその日遊んだお友達の名前と何をして遊んだかを、話して聞かせてくれるのが面白い。(どんな遊びをしても、大抵ブランコで遊んだことになってしまうのだけど(笑))
そして、一番忙しいのが夜。manaが寝てから自分が眠るまでの4〜5時間が、日中できなかったことをする時。次の日の準備をしたり、リフォームの計画を練ったり、ブログを書いたり・・・・でも、最近は仕事漬けの毎晩。師走だからなのだろうか?依頼が多くて、うれしいやら、忙しいやら。この分だと、クリスマスの晩も仕事になりそうだぞ・・・。

そんな時は、お花でも眺めてがんばろ・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-22 23:02 | ひびのくらし
モロッコの色 バリの色
a0090609_2111583.jpg週末、家族でwaran wayanさんの個展に行ってきた。
今回の巣巣さん訪問は、tsuchiyaさん一家とお会いする約束をしていたので、楽しみ半分ドキドキ半分。夕方近く、温かな明かりが灯る巣巣さんに着くと、入口で早速ワヤンさんと娘さんにお会いした。一目で親子と分かる、パパそっくりのかわいい娘さんプチ・ワヤンちゃん。初めてお会いしたtsuchiyaさんも、想像通りとても素敵な方だった。

木彫りのうさぎ・アニキがわが家にやって来てから1年、その作り手のtsuchiyaさんとワヤンさんにこうしてお会いできた不思議なご縁を、改めてうれしく感じた。
waran wayanさんのishidaさんにもお会いすることができたものうれしかった。展示されている雑貨は、バリとモロッコ、異なる国から、それぞれ素敵なものを作られているお二人の仕事ぶりが伝わってくるような魅力的なものばかり。
だから、ついついお財布の紐がゆるくなってしまう。夫もラトビアのお天気棒(こういうのが大好きな夫)を見つけてきて、うれしそうにしていた。今度、inacoに持っていって、家の外にかけておくのだと、張り切っていた。
最後にお願いして、みんなで記念撮影をした。waran wayanのtsuchiyaさん・ishidaさん、巣巣のiwasakiさん・kakuhariさん、ワヤンさん、プチ・ワヤンちゃん、そしてmanaと私。manaとうさぎのアニキにまつわる全ての人が1枚に収まった写真を、感慨深く思った。

個展の様子とわが家にやってきたもの・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-21 14:11 | すきなところ
楽しい時はあっという間
a0090609_21481220.jpgUMA UBUDに滞在してやってみたかったことが3つある。
1つ目は、ホテル内のスパ・Como Shambhalaでのマッサージ。2つ目はUMA UBUDの目玉(?)とも言えるヨガ。3つ目は、朝のウォーキングプラグラムに参加すること。
結果から言うと、1つ目を除いては実現ならず。何しろ、manaの人見知り・場所見知りがひどかったので、私が少しでも離れようものなら、それはそれは大泣きなのだから仕方がない。泣く泣く諦めざるを得なかった。
プールサイドの建物の2階にあるヨガスタジオで行われているヨガを、manaとプールに入りながらうらやましく眺めていていた。

そんな中で、1つ目のComo Shambhalaでのマッサージは、今回のホテルのパッケージについていたのもあり、どうしても受けたかった。UMA UBUDはComo Shambhala Retreatの経営のホテルなので、スパ(もともとロンドンのものなのかな?)に力を入れている。
2日目、manaがプールサイドでお昼寝したのを確認すると、すぐさま30分後のスパの予約して、manaを夫に託してComo Shambhalaへ。マッサージは、バリニーズと“Como Shambhala”のいずれかを選べる。もちろん、“Como Shambhala”を選択。

極楽のひととき・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-15 23:33 | たび
食事
a0090609_22162837.jpg私も夫も朝ごはんはしっかりと食べる。一日の始まりの朝ごはんが美味しいと、元気がでてくる。
旅先での朝ごはんは、旅行での楽しみのひとつ。UMA UBUDの朝ごはんは、そんな期待を裏切らないものだった。
旅先では、“何かをする”ということから解放されて自然と早く寝る。たっぷり眠って翌朝目覚めると、気持ちいいくらいにお腹が空く。ねぼすけの夫をmanaと二人で起こして、今日は何を食べよう?と思いながら、ホテルのレストラン・kemiriへ行くのが楽しみだった。

まずは、フルーツミックスジュースを一杯。ここのジュースは、フルーツの組み合わせとバランスがよく、本当に美味しかった。写真のジュースは、スイカ・ライム・シンジャー・ミントのミックスジュース。スイカとライムがあっさりとしていて、ほのかジンジャーのぴりりとした感じ、そして後味はさわやかミント。少し重めの料理を頼んだので、このジュースの選択は食事とのバランスもぴったりだった。
他にも、ヤングココナッツ・パイナップル・レモングラス、キャロット・パッションフルーツなど。メニューを見て味を想像しながら、実際の味わいの意外性もあり、朝のこの一杯がまずは楽しかった。

ジュースを飲み終わる頃、料理が運ばれてくる。セットメニューは3つ。UMAセット(アメリカンブレックファースト)と、コンチネンタルブレックファーストとヘルシーセット。その他にも、単品でのメニューも選べる。ホテルの料金の中には、朝食が含まれていて、どれを頼んでもOKだった。

私の一番のお気に入りは、ヘルシーセット・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-14 22:20 | たび
1歳6か月健診
a0090609_2375744.jpgバリの旅行記をちょっと休憩して、先週のmanaの1歳6か月健診のこと。
満1歳7か月の日、1歳6か月健診を受けて来た。身長82.2㎝、体重11.16㎏(どうりで重たいわけだわ・・・)。虫歯もなく、体もいたって健康。

最近は、ますますよくしゃべるようになって、四六時中何かしらしゃべっている。先日は、よく来る宅急便のおじいさんに、玄関先で「ぶ〜らんこ!のしぇてって・・・・すいす〜い」と一方的に話かけて、相手を困らせていた。
お人形さん遊びやごっこ遊びなど、女の子らしい遊びをよくするようになった。一昨日は、私のエプロンを持ち出してきて「これ〜」と差し出すので、つけてあげるとmanaにはソムリエエプロンのような長さ。
ついでに、相棒のくまちゃんをタオルを使って、manaの背中におんぶさせてあげたら、鏡を何度も覗き込んではうれしそうにしていた。この姿で、おままごとをしているのを見ると、すっかり“女の子”という感じがして、大きくなったなとしみじみと思う。
また最近は、自分で服を脱ぐ、靴を履くということをしたがるようになって、私が先にやろうものなら怒るようになった。

manaのお気に入りの履物は、ピンクのバブーシュ・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-10 23:13 | mana
[ma:an]
a0090609_123050100.jpg今回のウブドでの楽しみのひとつが、tsuchiyaさんのお店[ma:an]へ行くことだった。
manaが気に入っている木彫りのうさぎさんを始めとして、tsuchiyaさんの手掛ける雑貨はかわいらしくて、魅力的なものばかり。私はかわいいものより、かっこいいものの方が好きなところがあるのだけど、tsuchiyaさんの雑貨にはぐぐっとくるのだ。単にかわいいのではなく、色使いやディティールが凝っていてちょっと大人っぽい。

ウブドのハノマン通りにある[ma:an]。行く前日に、ワヤンさんに「ボディーワークセンターの近くだよ」と教えてもらって、manaと夫と3人でうきうきしながら伺った。
お店に着くなり、manaも夫もそっちのけで、飾ってある雑貨や洋服を夢中になって見ていると、ふと気付くとmanaが足下で木彫りのウサギさんを抱えて遊んでいた。
manaはお店に入ってすぐのテーブルに飾ってあったウサギさんに、真っすぐに手が伸びたらしい。「あーー!!」と言う声が聞こえたから、家にある自分のウサギさんと同じだと分かったようだ。1個では満足できずに、2個目に手を伸ばそうとして、夫に注意されていた。
そして、あれもこれもと買おうとする私にも、「どれくらいかうつもり?」とさりげない夫の注意が入った。

だって、魅力的なものばかりなんだもの・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-08 23:00 | たび
UMA UBUD
a0090609_13422073.jpgバリにはスタイルの異なるたくさんのホテルがあるので、予算や目的に応じて選ぶ楽しみがある。
これまでのバリの滞在では、フォーシーズンでは贅を尽くしたヴィラを、トゥグ・バリではバリのアンティークを、ジ・アヒムサではスタイリッシュでモダンなプール付きのヴィラなどを楽しんだ。その他にも、クタのポピーズやウブドの小さなホテルなどの手頃な価格の宿も、それぞれによかった。(夫は、クロボガンのヴィラ・ルンブンが気に入っていた)

さて今回は?というと、ホテル選びにはだいぶ迷った。
大人びた雰囲気のホテルでmanaに窮屈な想いをさせてはかわいそうだし、かといって機能重視の大箱ホテルには収まりたくない。部屋数の少くない雰囲気のいいホテルがいいと思っていた。
幾つかの候補から、悩みに悩んで選んだのがUMA UBUD。この選択は大成功だった。UMA UBUDは建物も人も雰囲気がとてもよく、サービスの加減も本当に心地よい。そして、ここのインテリアも心地よい。
UMA UBUDのインテリアは、白を基調としたシンプルでモダンなもの。天然素材を多用しているから、全体的に柔らかくリラックスした感じが漂っている。
その中で、ガーデンルームのバスルームだけは趣きが異なる。黒い床と壁に覆われたバスルームには重厚感が漂い、その中央に置かれた大きなバスタブには天井から真白い天蓋が下がり、その優美なドレープの様子がひと際目を引く。このバスルーム見たさに、ガーデンルームを予約した。

ではでは、UMA UBUDをご案内・・・・(続きを読む)
by ma-n-na | 2006-12-06 20:25 | たび



愛するむすめのmanaとsimpleなくらし・・・・たいせつにしたいこと。
by ma-n-na
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31